2013年4月21日日曜日

立山の環境保護の為に!

おはようございます♪
毎年、恒例となりました(^^)

今年も富山大学の学生さんたちが4月20~22日までの3日間、
立山・室堂平の積雪断面調査を行っていますよ。


昨日の初日は、悪天候の中、深さ約3mぐらいまで雪を掘っていました。
「大変ですね~(T口T)」っと言うと、
「まだまだですよ!!」っと・・・。

なんと、学生さん達が手作業で、地面が見えるまで掘っていくそうです!

昨年は、約6mの深さまで掘ったみたいですが、
今年は積雪が多いようなので、どのくらいの深さになるのでしょうか。


この積雪断面調査とは、立山・黒部アルペンルートが全線開通する4月中旬に、
富山大学が中心(立山積雪研究会)に様々な教育・研究機関が集まり、
半年間、立山に降り積もった雪の調査を行っているそうです。

積雪断面調査、降雪量調査、化学分析、同位体解析、
湿性・乾性沈着、黄砂粒子、大気汚染物質、バイオエアロゾルなど・・・
私には、難しい言葉ばかりが並んでいますが(・・;)
立山の環境保護の為に、様々な調査を行ってくれています。

この研究活動は、高く評価されており、
テレビ局や、科学記者さんなども取材にいらっしゃるみたいですよ。


本日も、悪天候の中、学生さん達が頑張って雪を掘っています!!
また後程、様子を見に伺ってみようと思います(^U^*)


「立山・室堂平積雪断面調査」


 
山ガール ふるもと
❤読んだらポチっと押していただけると、山ガールの励みになり嬉しいです❤
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ

0 件のコメント:

コメントを投稿