2013年3月15日金曜日

富山湾の神秘とは?

富山湾の神秘といえば、
「ホタルイカ」
ホタルイカといえば、
「滑川市」
滑川市といえば、
「ほたるいかミュージアム」
と、いうことで!
に行ってきましたよ(^^)
今年で、「ほたるいかミュージアム」は
オープンしてから15周年になるみたいです♪

小さな体に、無数の発光器をもつホタルイカ。
春の夜、海上に青白い光を放つ光景は「富山湾の神秘」そのもの~♡
先日、「ホタルイカの身投げ」がニュースになっていましたね。
私は、昨日の夜ごはんにパクリ(^口^)
ぷりっぷりで美味しい~♪
富山湾のホタルイカは、
普段水深約200〜600mの深海に生息しているみたいです!
毎年3月から6月上旬にかけ、
夜になると産卵のため海岸近くまで大群となって押し寄せてくるんですって(・・*)
日本近海で海岸近くまで大群をなして集まるのは富山湾だけ★
月明かりがない新月の夜は、水面の高さがわからなくなり、
波にさらわれ打ち上げられてしまいます↓
この現象を「ホタルイカの身投げ」とよんでいるんです。

富山市常願寺川河口から魚津港までの沖合1.3kmまでの海面は、
「ホタルイカ群遊海面」として国の特別天然記念物に指定されています。
 
が・・・研修時は2月!
活きたホタルイカは見れませんでした(TへT)

しかし、ホタルイカがいない時期でも十分楽しめました!
メインシアターの「ライブシアター」では、
シーズン中、活きたホタルイカの発光ショー。
オフシーズンは発光性プランクトンの発光ショーが見れちゃいます。
発光性プランクトンも幻想的な光でとっても綺麗でした♪
他にも、こんな風にホタルイカ漁業をしている写真を撮影できたり
釣りに夢中になったり

そして、近くには「パノラマレストラン光彩」があり、
美味しいホタルイカ料理が食べれますよ(^^)
ピザやパスタ・・・とっても美味しそうでした♪
 
ホタルイカの大群の発光が見られるのは、
日本中で滑川近くの富山湾に限られているそうです!
今年もホタルイカの時期がやってきました♡
ほたるいかミュージアム、魚津水族館、ほたるいか海上観光など・・・
みなさんも、幻想的な光を体感してみてくださいね。
 
山ガール ふるもと
❤読んだらポチっと押していただけると、山ガールの励みになり嬉しいです❤
にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ

 

0 件のコメント:

コメントを投稿