2012年7月15日日曜日

厳しい環境でもたくましく

こんにちは!

今日の室堂は雨、風、ガスの悪天候(><)
せっかくの3連休で、登山や散策を楽しみにしていた方も多いはず。
でも、無理は禁物です!!!
今日も一日、怪我人や遭難者などが出ない事を願っています。


さて、7月中旬でも10℃前後と夏である事を忘れてしまいそうな室堂平には、
今日のような悪天候の日でも、懸命にたくましく生きている植物達がいます。


夏の遅い時期まで雪が残っている雪田(せつでん)の植物達は、
限られた短い夏に急いで成長する為、背の低いカーペット状の群落を作ります。
雪が解けた所から一面にお花畑が広がっていく様子は、雪田特有の美しさです。


雪田に最近咲いている植物の中から、私の好きな花を2つご紹介します。
チングルマ
チングルマの花言葉は「可憐」。
白い花びらは2cm程しかなく、とても小さいのに、
れっきとした「木」に属していて、茎には年輪があります。
マッチの軸ほどしかないチングルマでも、20もの年輪を数える事が出来ます。
こんなに小柄なのに、凛としているその姿が、とても可愛らしいです。

イワイチョウの葉
イワイチョウは漢字で書くと「岩銀杏」。
葉の形がイチョウの葉に似ている事に由来します。
私の通っていた幼稚園には、大きなイチョウの木があったので、
とても懐かしい気持ちになります。

大好きなチングルマとイワイチョウの葉が、一緒に咲いていました。


観察したり、写真を撮ったりするのはOKですが、
植生帯に踏み込んだり、採取する事は禁じられています。
厳しい環境の中、懸命に生きる植物達の為にも、ルールを守りましょう。



私達山ガールがガイドする散策ツアーも、開催まであと少しとなりました。
只今、参加者募集中です(※WEB申込みが出来るようになりました)!!!

たくさんの方のご参加、お待ちしています☆

先日、久しぶりにライチョウの雄に出会いました。
写真の左下を、よ~くご覧ください(雷鳥荘周辺にて撮影)。
ライチョウは、そろそろヒナがふ化する時期です。


ライチョウ達も、厳しい環境でたくましく生きています。
私も見習おう(* ̄  ̄*)


山ガール西田

0 件のコメント:

コメントを投稿