2012年7月6日金曜日

✿クロユリ伝説✿

こんにちは☆☆

今日の室堂は荒れ模様((+_+))
小雨、風、濃霧…。
昨日も肌寒い1日でしたが、今日も寒いっ!!!
明日も天気が崩れたままなのかな…??
予報では日曜日から天気は回復傾向らしいです(●^∀^●)

先日、室堂にクロユリが咲いたことを
ブログタイトル『雑誌「CREA Traveller」❤❤❤』で書きましたが…
クロユリ、咲いてます✿

立山にはたくさんの伝説がありますが、(※ブログタイトル『恋愛成就しちゃうかも???』然り)
この美しいクロユリにも、伝説があるのです(●´∀`●)

さてさて、どんな伝説でしょうね???

『クロユリ伝説』
富山城主の佐々成政は、必死の想いで冬の立山越えをして
援軍を頼むため徳川家康に会いに行きました。
冬の立山を歩いたらしい…(+O+)!辛い道のりだったろうなぁ。。
※写真は4月半ばです。

しかし家康に援軍を断られ、
心身疲れ果てて富山城に戻ってくると、待っていたのは
お気に入りの側室の早百合と家来が自分の留守中に仲良くなっていたという噂。(不倫ですね)
こんな感じ(笑)???

事実でなくても、そんな噂が立てば、
掟に従って処罰しなければならないのです。
成政は2人を、役人に言いつけて斬り殺させました。
濡れ衣を着せられた早百合は悔しさのあまり、死に際にこう言いました。
「立山に黒いユリが咲いたら、佐々家は滅びるであろう」
立山に咲いてます(笑)

それから3年経ち、
成政は豊臣秀吉の妻、北政所に、立山に咲くクロユリを差し上げました。
「珍しい花だ!!」
と大喜びした北政所は、クロユリを花瓶に活けて茶会をしました。
北政所と張り合っていたのが、秀吉の側室の淀君。
負けてはなるものかと、白山(石川県)から
クロユリをどっさり取り寄せると、廊下の竹筒に活けたのです。
これを見た北政所は、
「さては佐々成政!!いやしい花を珍花と言って騙し、わたしに恥をかかせたのだ!!!」
と怒り、
秀吉に成政の悪口を言って切腹させたといいます。
早百合が言った通り、
佐々家はクロユリの花がもとで滅びたといわれています。

このことから、
富山ではクロユリは不吉な花✿
白山(石川県)では幸運の花✿
と見解が分かれています(゜O゜)!
不吉な花だなんて…。こんなに愛らしいのにね(>_<)

女性の執念って、コワイ…(/_;)
自分が早百合の立場だったら…北政所の立場だったら…淀君の立場だったら…
いろいろ考えましたが、
わたしもそうするのかもしれない…(笑)なんてね♪♪

これは伝説なので、事実とは異なることもあると思います☆★
わたし的には、
早百合は愛する夫に呪いをかけるような女性だと思いたくありませんけどね(゜×゜)

歴史を動かしているのは、実は女性なのかも…。。。
女性は強い!!!
そう思わされるような伝説でした~(*^∀^*)❤❤❤


山ガール大西

0 件のコメント:

コメントを投稿