2012年6月27日水曜日

大観峰の中テラス、オープン

みなさん、こんにちは~☆

さいきんの室堂といえば、雪もだいぶ融け、石畳の遊歩道が増え、
さらに歩きやすくなりました。
みくりが池温泉方面の散策道では縮小版「雪の大谷」ができていました(・o・*)
室堂平、散策道より

今年は雪解けが遅いので、このような「雪の小谷」がみられるらしく、
珍しいんだそう\(^o^)/

わたしの身長よりは大きかったので、1.6~2mくらいでしょうか?
道幅が狭いので、「雪の大谷」とまではいかないまでもなかなか味わえない感覚です(^^)


さて、
先日、立山黒部アルペンルート「大観峰(2316m)」の中テラスがオープンしました!!
大観峰、中テラス

後立山連峰が、目の高さと同じところからみることができるテラスとなってます。

中テラスより、後立山連峰


「大観」とは見晴らしのいいことをいいます。
つまり、「大観峰」とは見晴らしのいいところということなのです。

立山(富山県)を玄関口とすると、
室堂から立山トローリーバスに乗り、雄山の真下を通って大観峰へ。
扇沢(長野県)を玄関口とすると、
黒部平から立山ロープウェイに乗り、タンボ平を見下ろしながら大観峰へ。

大観峰は、断崖絶壁に建てられており、
まるで要塞のような(笑)逃げられない場所に建っています。
黒部平より、大観峰(立山方面)

よーく、みると、真ん中より、少し右下に大観峰がみえます。

屋上展望台より、崖(笑)
崖っぷちでしょう?



そして、大観峰の見所といえば、なんといっても展望台がニカ所あり、
後立山連峰が一望できること!
大観峰 屋上展望台より、後立山連峰(全線開通当初 撮影)

岩陰の残雪がみえるおかげで、
山の形がくっきり浮かび上がっていて、キリッとした姿ですね。

大観峰 屋上展望台より、後立山連峰(6月26日 撮影)

現在はこんな様子。
雪も融けて、新緑が目に眩しいです(゜v゜*)

「屋上展望台」と「中テラス」
じゃあ、このふたつ何が違うのよ?と言う話ですが、
じつはみえる景色はかわりません(>〇<)!

ただ屋上展望台は、54段におよぶ階段の先にあるのですが、
中テラスは2階売店のすぐそこ。
そうです、足腰の悪いお客様や、体力にあまり自信のないお客様にも行きやすくなっております。

わたしは屋上展望台にでる前の扉の雰囲気がとってもすきなので、
屋上展望台派です(笑)
屋上展望台、出入り口
吸い込まれそうなほど、きれいなアオに向かっていきます。
この扉の先の光景にわくわくしませんか?(*^^*)

両方行かれてもいいし、
どちらかだけでも美しい後立山連峰を眼前にご覧いただけます。



そして、大観峰では限定商品も多数あります。
その中のおすすめをご紹介!
まぼろしの酒 「大観峰」(2000円)
大観峰、一階売店で販売

試飲も出来ます。味に納得されてから、お買い求め下さい♪

それから、
大観峰のかわゆい売店のお姉さんおすすめ☆
大観峰限定発売 「こんにゃく鉄砲漬」(650円)

ごぼうにこんにゃくが巻かれているお漬物なんですが、(めずらしいですよね?)
これがまたおいしーのです(⁼^×^⁼)
お酒がススム味付けになっております☆
お土産として、アルペンルートの旅の思い出とともに、
晩酌のオトモにぴったりですよう、みなさま('v`*)


ぜひ大観峰で景色とお土産をたのしんでいかれてください(o^^o)




山ガール みずはし

0 件のコメント:

コメントを投稿