2012年5月21日月曜日

金環日食

932年ぶりに、日本の多くの地域で見られた『金環日食』。
皆さんは、ご覧になられましたか?

金環日食とは、月の周りから太陽がはみだしてリング状の日食になる現象をいいます。
また日食とは、月が太陽を隠す現象をいいます。

7:16頃、撮影
7:30頃、撮影。

立っているのがやっとなくらいの強風が吹きつける中、
ここ室堂でも、たくさんのお客様が観測を楽しんでいらっしゃいました。
屋上展望台では歓声が沸き起こっていました☆
階段の小窓でも☆皆さん、早起きです!

三日月型の部分日食が見られた室堂平。
室堂山荘では、木の葉の木洩れ日から、普段は丸い太陽の像が映る地面に、
三日月型の像が映ったとの情報も。

国立天文台によると、次に今回の規模で金環日食が起こるのは2312年、
なんと300年後(×-×)!!!

雷鳥達も、天文ショーを楽しんでいたのかな(* ̄  ̄*)

0 件のコメント:

コメントを投稿