2011年8月27日土曜日

立山登山マラニック

こんにちはっ♪
本日はお天気もよく、たくさんのお客様がいらしてましたが、
今日の立山はいつもと少し雰囲気が違いましたよっ!!
 
室堂散策コースにスポーツウエアにゼッケンをつけた人がぁ~\(◎o◎)/!

そうですっ!今日は「立山登山マラニック」の開催日だったのです!!!
この「立山登山マラニック」って、とってもすごいんですよっ!(゜-゜)!
何がスゴイって・・・
距離にして65キロ!それだけでも、すごいんですが、
なんと、富山湾の海抜0mから北アルプス立山雄山頂上3003mと、標高差3003mをからだ一つで一気に駆け登る大会なんですっヽ(^。^)ノ
しかも、11時間以内という時間にも制限があるのです(@_@)
午前4時に海抜0mの浜黒崎キャンプ場をスタートして、午後3時には標高3003mの雄山頂上にゴールしなくては・・・
すごいですよねっ!!
自分が山を登るにあたって、それぞれ毎回その山の移動距離や標高差を調べてるんですが、どれもこれもくらべものになりません(>_<)
走ってくる人に声援を送ったりしてたんですが、私が声をかけた地点は標高にして2450m付近なので、
ここまで来られてるだけでも、すごすぎなので、恐れ多くて「がんばれぇ~♪」なんて言えませんでした。
「頑張ってください!お疲れ様ですっ!!」
 
 
 
 
 
※マラニックとは「マラソン」と「ピクニック」を合わせた造語で、タイムを競い合うのではなく、それぞれのペースで踏破する。

立山登山マラニックのプログラムに大会実行委員長さんの素敵な言葉が書いてありました。
「競争ではありません。富山の大自然の中に身を浸して、小さなみずからの身体の限界を乗り越え、今日一日生命(いのち)を輝かせてください。」
 
本当にみなさん、かっこよかったです(*^_^*)
 
「自らの体力と気力で踏破するものである。
自然の美しさと厳しさを思う存分体験し、生きている証しを実感すると共に自然保護への認識を深めて欲しい。」
と立山登山マラニックの要項書に書いてありました。

私も体験してみたいっ!と今日、駆け登ってくる皆さんを見て、思いました。
でも、体力が・・・気力が・・・
でもでも、本当に駆け登ってくる皆さんをうらやましく思いました。
だから、体力と気力を鍛えて、いつか・・・・・いつか・・・・・

参加されたみなさま、お疲れ様でした(^_^)v
大会のスタッフのみなさま、ボランティアスタッフのみなさもお疲れ様でした(^_-)-☆


0 件のコメント:

コメントを投稿