2011年7月12日火曜日

八尾(やつお)に行ってきました。

八尾(やつお)に行ってきました。
おわら風の盆ステージを見学させてもらいました。
おわらの感動が毎月楽しめるという、「おわら風の盆ステージ」が越中八尾観光会館(曳山展示館)ホールにて、毎月第2、第4土曜日に開催されているんです。

風の盆ステージはおわら踊りはもちろんの事、楽器、唄でたっぷり1時間楽しめます。


三味線、胡弓、太鼓の生演奏と生唄に合わせてのおわら踊りはしなやかで素敵でした。
 

楽器演奏の解説があり、
唄の説明もされ、
おわら踊りの振り付けの意味などの解説もありました。

最後には、みんなで輪になっての輪踊りもあり、あっというまの1時間でした。
また、この風の盆ステージの行われるの第2、第4土曜日は、八尾の街で出店もあり、賑わっていました。

八尾の街も少し散策しましたが、町屋があり風情がありました。

越中おわら風の盆は9月1・2・3日に開催されます。
それはもう大勢の観光客の方が来られるそうです。
日程の合わない方や、人ごみがだめだって人には8月20日~30日に行われる、おわら風の盆前夜祭もおススメです。
前夜祭は、期間中毎晩1町内が町流し流しや輪踊りなどを行います!

ここで、地元の方に聞いたおわら祭りのプチ情報を(^o^)丿
・地元の小学校がこの3日間休みになるほど、地元愛の強いお祭りです!
・地元の方は、小さい時から踊っているので、地元の方の踊りと、例えばお嫁に来て習った方とでは、しなやかさが違い、見る人がみたら、すぐに分かるんだそうです!!
・そして、なっなんと、おわら風の盆の踊り子は25歳位までなんだそうです!!!
大学や就職で地元を離れた人もこの時期には帰ってくるそうです。
・着物と楽器にはとても繊細な心遣いが必要なので、たとえ小雨でも、踊りは中止になるそうなんです!!!!
八尾には11の町があるんですが、それぞれの町によって着物が異なるそうです。
それも見どころですよね。

越中おわら風の盆は全国的に有名ですが、本当に魅力的なお祭りだと、今回の風の盆ステージを見て、八尾の街を見て思いました。
9月1・2・3日の本番の街でのおわら踊りも見たいので、行きたいです。
是非、みな様も越中おわら風の盆、前夜祭、風の盆ステージのどれかでも体感しに富山に来てください。

0 件のコメント:

コメントを投稿