2011年7月6日水曜日

こんにちはー!

こんにちはー!今日は久しぶりに朝からスカッと晴れている室堂平です。

今日は富山県の職員の方が研修に来られたので、室堂平周辺の案内がてら一緒に散策に行ってきました!


こちらは昨日も紹介しました国立公園「立山」の石碑。


↑県職員の方と一緒に。

今日は雄山もばっちり顔を出してくれ、記念撮影にはもってこいの日ですね~。


そしてこちらは供養塔。



山で遭難された方のために昭和11年に建立されました。

↓塔には梵字でダラニ経というお経が彫られています。





こちらは立山室堂。室堂山荘のお隣の建物です。

江戸時代中期に建てられた日本最古の山小屋で、国の重要文化財に指定されています。
冬の間はすっぽりと雪に覆われてしまうのですが、それに耐えられるようにとても丈夫な作りになっています。


現在は山小屋ではなく資料館になっていて、中に入って見て頂けるようになっています。(閲覧料300円)


ご紹介した供養塔や立山室堂の近くには、風に吹かれながら疲れた足を休ませたりのんびりとくつろいでいただける、大きなベンチが置いてある広場があります。

↓ミドリガ池の広場


お天気の良い日に大きなベンチにごろんと横になり、青空と山を仰ぐのが最高に気持ちがいいですよっ!


0 件のコメント:

コメントを投稿